風俗系で男性は稼げるか

風俗系の男性の仕事には、どんな種類があるでしょうか。 働く女性の送迎ドライバー、店舗スタッフなど。 その仕事に就くにあたり、事前に資格等必要なものがあるのか。 性格的にどんな人が向いているのか。 それぞれ具体例を挙げながら、内容、特徴を探っていきます。

働く環境はどうか

慢性的な人手不足は東京はもとより、地方都市では顕著なようです。 仕事を探す男性にとっては、可能性のひとつかもしれません。 そして風俗系の企業は、一般企業よりも、従業員の待遇や福利厚生に力を入れているところもあるようです。 それらの取り組みをご紹介します。

賢い判断で稼ぐ!

風俗系の企業は、ともすれば反社会勢力との結びつきも、全く考えないわけにもいきません。 一方、そのようなイメージの改善に努力している企業もあります。 求人広告を賢く判断し、やる気があれば大きく稼げるかもしれない業界で、賢く稼ぐ参考となりましたら幸いです。

男性スタッフの仕事とは

女性にとっても、風俗は人類の歴史で最も古い仕事と言われたりしますね。
それだけ歴史が深く、根源的で、かつ大きな市場があるのが、風俗系の仕事です。
では風俗系の男性の仕事はどうでしょうか。

風俗系の男性の仕事として、まず思い浮かぶのは、ホストやAV男優でしょう。
試しにAV男優の募集広告を検索してみましたが、腹筋がハッキリ見える方歓迎、なんて文言を見かけました。
何となく、見栄えという意味で分かる気がします。
ホストにしても、やはりある程度の見栄えも必要でしょう。

それらはともかく、見栄えが普通の男性ではどうでしょうか。
働く女性の縁の下の役割、スタッフの仕事も、いろいろと求人があるようです。

店舗スタッフの他、女性の送迎ドライバーやデリヘルの電話受付、広告や求人の制作など。
広告や求人のデザイナーは専門技能が必要ですが、外のほとんどの風俗系の仕事は、経歴不問で始められるというのが、大きな特徴のようです。

経験不問で、年齢も不問だったりします。
むしろクレーム対応など、高齢の方の人生経験が歓迎されたりもあるようです。

大きな市場での一方、やはり後ろめたいイメージも払拭できない面もあり、風俗系の仕事も、常に人材を求めています。
しかも、やる気さえあれば、基本給が高めの設定で昇進すれば、高収入も夢ではありません。

なかなか人には訊きづらい業界ですが、不景気にも強いようです。
ここでは見栄えが普通でも稼げそうな、風俗系の男性の求人を、調べてみました。






TOP